大井住建・ブログ
日報やトピック、お役立ち情報、建築経過をつづるページ

| カレンダー | 最近の記事 | カテゴリー | バックナンバー | リンク |
住宅省エネルギー技術講習会 設計編 18:46

8:30作業場の現場では設備屋さんが下水の繋ぎ込み工事に入る。

 

11:00見積もり中のお宅へ。

建材屋さんの営業さんに同行してもらい、

外部のコーキングとベランダのFRP工事の見積もりを依頼。

 

その後、過日の小諸市建築士会総会資料を受け持ちの会員さんへ届ける。

 

午後は住宅省エネルギー基準の評価方法の講習会へ。

仕様ルートと簡易計算ルートの講習でした。

 

講習会テキスト

 

 

| 講習会 | - | - | posted by oihouse - -
既存住宅取引についての宅建業法改正について 21:34

9:30戸建て賃貸物件の借主さん来社。

契約書と重要事項説明書の内容説明して契約成立。

あわせて借家人賠償保険をご契約いただく。

 

11:00長野市内にて開催される講習会に向け出発。

13:00より受講開始。

既存住宅の取引に係わる宅建業法が改正となり、

その要点と実務上の留意点が主な内容。

 

’篌腓ら既存住宅の売却依頼があったら

◆峽物状況調査」の制度概要、調査を行う事のメリット説明

「既存住宅売買瑕疵保険制度」についても説明

※「建物現況調査」の実施に向けたやりとりが行われるよう手配する(費用の見積もり伝達など)=「あっせん」業務

 

建物状況調査の実施は、既存住宅を売買する際の義務ではないので、

それを売主が希望しない場合は、説明までにとどめ「あっせん」業務終了となる。

 

買主から媒介依頼を受けた場合も同様に制度説明することが必要で、

買主が「建物状況調査」を希望した際にその承諾が売主から得られるかについて、確認しておくべきである。

 

・「建築状況調査」の制度概要について

・「既存住宅売買瑕疵保険制度」について

 

建物状況調査イメージイラスト

| 講習会 | - | - | posted by oihouse - -
既存住宅状況調査技術者講習会を受講 19:28

8:00事務所。

 

過日、契約に至った仲介物件の地積測量図を基に、

登記の変遷とも照らして、CADで敷地図面を作成し始める。

隣地との境界を明らかにする為。

 

12:30佐久平交流センターへ。

既存住宅状況調査技術者講習会を受講する。

 

宅地建物取引業法の改正により、

既存住宅の仲介に伴う重要事項説明に加えるのが、

「既存住宅状況調査の結果」で、

この調査が出来る建築士を養成する講座にあたる。

 

参考)国土交通省HPより

 

17:30講義終了後、事務所へ。

 

明日に契約を控えた仲介物件の買主さんから

ご依頼を受けた解体工事の見積書を仕上げる。

 

↓本日受講のテキスト

受講テキスト

| 講習会 | - | - | posted by oihouse - -
インスペクター(住宅診断員)養成講座 20:09
国は平成32年までに中古住宅流通、リフォーム市場の規模を倍増(20兆円)させる為、
中古住宅の品質確保の一環としてインスペクション(既存住宅現況検査)の普及促進をはかるとのこと。

今日は、伊那市で建築士会主催のインスペクター(住宅診断員)養成講座が開催され出席した。
講座は、既存住宅の検査範囲、具体的な検査項目、劣化の度合を含めた判断基準など詳細に及んだ。

>>>建築士会インスペクターについて 
 
↓講座の様子

講座の様子
テキスト


 
| 講習会 | - | - | posted by oihouse - -
省エネセミナー 12:10
昨日は、長野市内でおこなわれた長野県建築士会主催による講習会に出席する。
講師の新住協代表理事 鎌田紀彦氏によるQ1.0住宅の冷暖房エネルギー削減手法についてと、
西方設計の西方里見氏による設計手法と事例紹介といった内容であった。
弊社は新住協の会員ではないが、北海道や東北を中心に会員数も多いようで、
床下エアコンといった手法は弊社も少なからず影響を受けているので、待望の講演会であった。
 
↓講演会の様子
講習会の様子
講習会の様子
講習会の様子
講習会の様子

 
| 講習会 | - | - | posted by oihouse - -
住宅省エネルギー施工技術講習会 18:56
今日は、長野県住まいづくり推進協議会主催による住宅省エネルギー技術講習会が上田市の上小トラック協会研修会館で開催されたので受講しました。国では、平成32年までに全ての住宅・建築物について省エネ施工の義務化を目指していて、平成24年度から木造住宅の生産を担う中小工務店等の断熱施工技術向上のため、この講習会を全国で開催しています。
講義では専用のテキストの他、施工法のDVDも配布され、今後の建築現場に活かせる内容でした。

住宅省エネルギー施工技術講習会のページ

↓講習会開催前の会場の様子
講義開催前の様子
↓配布されたテキスト
配布されたテキスト
↓カットモデルを使った説明
カットモデルを使った説明の様子
↓カットモデル内部
カットモデル内部




 
| 講習会 | - | - | posted by oihouse - -
建築基準法改正関連等に関する講習会 19:58
今日の午後6時より佐久勤労福祉センターで建築基準法改正等に関するの講習会があったので出席してきました。
主な内容は、
ヾ存不適格建築物に係る規制の合理化
⇒得冦╂限の合理化
小屋裏利用の床面積算定について
その他では、
都市計画の低炭素化促進に関する法律についてで、
佐久地方事務所建築課の方による講義となりました。

↓講習会が始まる前の様子
講習会が始まる前の様子



 
| 講習会 | - | - | posted by oihouse - -
建築士定期講習会 18:31
今日は、上田合同庁舎にて行われた建築士定期講習会を受講しました。
この講習会が義務付けられたのは平成21年のことでした。
建築士が建築基準法の改正や建築技術の高度化に対応できるよう、
建築士事務所に所属する一級建築士、二級建築士、木造建築士にとって、
3年以内ごとに定期的に受講義務があります。

講習会の内容には、建築基準法、建築士法、関係法令の最近の改正内容、
最近の建築技術、設計及び工事監理の実務の動向、建築物の事故事例や
処分事例、職業倫理などがあり、受講後には終了考査を受けて終了となりました。
考査の結果次第では、再受講となります。

↓使用された建築士定期講習テキスト
建築士定期講習テキスト



| 講習会 | - | - | posted by oihouse - -
講習会の為、松本へ 16:49
今日は講習会の為、松本文化会館に行きました。
『既存木造住宅耐震補強技術講習会』といわれる講習会です。
長野県の住宅・建物耐震改修促進事業における報告書作成と業務説明がありました。
その他、耐震性を向上させる工法のうち、追加評価された工法について説明がありました。

説明があった工法
耐震補強壁工法AT・WALL壁王  旭トステム外装
Hiダイナミック制震工法 江戸川木材工業
コンクリート基礎補強工法がんこおやじ 螢献Дぅ咫璽┘

↓講習会が始まる前の会場の様子
講習会の様子

| 講習会 | - | - | posted by oihouse - -
平成23年度長野県木造住宅耐震診断士養成講習会 14:01
本日は長野県庁で開催した木造住宅耐震診断士養成講習会へ行ってきました。
具体的には診断方法などを学びました。
業務内容としては、各市町村から診断業務を委託された協議会(建築士会、建築士事務所協会、
建築物防災協会で組織されている)が診断業務登録をしている診断士に診断業務を依頼されて
行われます。 

↓講習会の様子 約200名が受講しました
講習会の様子


| 講習会 | - | - | posted by oihouse - -
| 1/2 | >>